TOKYO SOURCE公開編集室
by tokyosource
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
編集長VOICE
副編集長VOICE
TSインタビュー
イベント
TS出演者リリース・展覧会情報
TS定例会レポート
LOCAL SOURCE
TSツイッター
リンク
★編集長・近藤ヒデノリblog 
TRAVEL HETEROPIA
ー広告とアートの間で


「Soul Switch」インタビュー
YAMAHAのフリーペーパーでTSについて話しました。
→インタビュー全文

★フクヘン・米田智彦の東京遊動生活「都市をシェアしながら暮らしてみよう!」
NOMAD TOKYO

ブログメディア「Life hacker 日本版」にて「NOMAD TOKYO」が紹介されました。
ノマドスタイルを実践するブログ「NOMAD TOKYO」

▼米田智彦blog
It made a day.

米田が地元高円寺で主宰するトークセッション
交縁路(こうえんじ)


ライフログ
以前の記事
2013年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
【TS OPEN MEETING】 02 報告
f0013646_15242989.jpg
昨日は、先月から始めたオープンミーティング2回目、「夕涼みnight」@青山のクラブ「蜂」。朝から小雨がぱらついたりと天気が心配されたけど、幸い雨は降らず外でのスライドショーもでき、総勢40人あまり来てくれて楽しい時間となりました。ありがとうございました。↓DJ HIROTAKA!!!
f0013646_2365341.jpg

反省点としては、思ったよりも外が明るくてスライドショーが見にくかったこと(とくに森田浩彰ビデオ作品は見にくくて申し訳ない!)、マイクを用意していなかったので今イチ、スライドショーの作品紹介などがうまくできなかったこと。(写真↓オープンミーティング開始前。左から森田浩彰、近藤、つむぎやの2人。)
f0013646_2362157.jpg

あえてパーティとかイベントと言わずに「オープンミーティング」にしてるのは、単にパーティとして一過性に騒ぐだけじゃなくて、「meeting」という言葉に含まれる「会うこと、集会、会合、交差点」という意味と、この場が何か新しいことが生まれるきっかにしたいという思いからなのだが、どういう形式がいいのか、今後も月1で続けながら模索していきたいと思います。

次回03では、アートと広告という近いようで現実的にはわりと疎遠な2つのジャンルに対話を生み出すべく、ちょうど今、カンヌで行われている「カンンヌ広告祭」の受賞作をアート界x広告界で一緒に見ながら「言いたい放題!」討論しあうトークショーを行ってみたいと考えています。詳細は決定次第、このページでお知らせします。


====================================
【TS OPEN MEETING】 02 「夕涼みnight」

DJ HIROTAKA(satelite records)
   +
スライドショー(outside)
森田浩彰 HIROAKI MORITA video work
鈴木ヒラク HIRAKU SUZUKI「原画 Genga」
近藤ヒデノリ「100bit」words and images
   +
つむぎや『和風オイスターカレー』
   +
アロマテラピスト
====================================
[PR]
by tokyosource | 2006-06-26 14:51
アロマテラピストも参加?!+つむぎや流『和風オイスターカレー』
日曜のオープンミーティング「夕涼みNight」に、
アロマテラピストも参加します!
どうやら会場で、希望者にアロマテラピーしてくれるらしい?!

もうひとつ、フードは、
つむぎや流『和風オイスターカレー』に決定!
数がそんなに多くないと思うので先着順!

ではでは、明日。
[PR]
by tokyosource | 2006-06-23 16:09
【TS OPEN MEETING】第2回夕涼みnight!!!
ご無沙汰してます。TSの近藤です。
先月からTSの月末レギュラーイベントとして始めた
オープンミーティング、初回の我が家では入りきらなかったため、
今回は場所を移して青山のクラブ「蜂」で開催します。

「蜂」は店の前が公園になっている、
都心のエアポケットみたいな気持ちいい場所。

DJ Hirotakaの音で店内で踊るもよし、
店内から漏れる音をBGMに、
屋外の壁に映写されるスライドショーを見るもよし、
アートと人とお酒による「夕涼みnight」。
友人もお誘いの上、気軽にお越しください。

---------------------------------------------------------------
TS オープンミーティング(OM)第2回!!!

場所:青山「蜂」HACHI
http://www.aoyama-hachi.net/top.html
日時:6/25(sun)16:30-21:30 
入場無料:cash on drink
DJ HIROTAKA(satelite records)
Progressive Disco, Minimal, Electro
 +
スライドショー(outside)
森田浩彰 HIROAKI MORITA video work
 →TS019 http://www.tokyo-source.com/japanese/archives/2006/02/019_1.html
鈴木ヒラク HIRAKU SUZUKI「原画 Genga」
 http://www.wordpublic.com/
高木俊幸 TOSHIYUKI TAKAGI(a.k.a. NOJYO)photographs
(↑体調不良により中止)

食を通じて縁をつむぐ男前料理フードユニット、
つむぎや流『和風オイスターカレー』もお楽しみに!
www.tsumugiya.com

---------------------------------------------------------------

*作品発表、プロジェクト発表など、スライドで見せたい人は
 DVDまたはCDに焼いて木曜までに概要を連絡ください。できるだけ。



【TS OPEN MEETING/OM】って?

これまでウェブを中心に、様々なジャンルの新しい表現者との「対話」を続けてきたTSの、
広義のアートを通じたリアルな交流の場。毎月末(土or日)開催。TSでのインタビュイーをはじめ、異ジャンルの表現者たちが、気軽なふんい気の中で作品やプロジェクトを発表しあうなど、何が起こるかわからない、東京発、新しい表現の実験場にしていきたいと考えています。ミーティングの模様は後日、ウェブにも掲載して発信していきます。
[PR]
by tokyosource | 2006-06-20 15:39
N-markインタビューにインタビュー!!
近藤です。今月はけっこうエンジンかかってて、
続けざまにインタビューしています。

今日は横浜Bank Artそばの「仲町White」で、
N-markの武藤さんにインタビュー。

N-markは、初めはアートスペース「n-mark」の運営から始まり、
「Meeting Caravan ミーティングキャラバン」というプロジェクトで、
日本各地のアートスペースをまわってオープンミーティングを開いたり、
「Cafe Line」というプロジェクトでは、キャラバンでできた「アートの道」をつかって、今度はそこにアート作品を流通させるなど、アートを通して人と人、地方と地方をつなぎ、アートの「場/シーン」をつくっている。

TSの狙うところともとても共通点があり、
先月から始めたオープンミーティングという名称も、
実はこちらから頂いたものだったりもします。
その件も武藤さんに伝え、そのうちTSオープンミーティングで、
彼にTSのオープンミーティングに来てもらい、
全国のアートスペース情報を紹介してもらうことも
お願いしちゃいました。
インタビューは7月に公開予定。

AAN
http://www.a-a-n.org/
N-mark
http://www.n-mark.com
[PR]
by tokyosource | 2006-06-13 23:43 | 編集長VOICE
永戸鉄也ほか、豪華ゲスト@SLDX
金曜の夜(新野さんインタビューの翌日)、TSで以前にインタビューした永戸鉄也さんからSDLXでのライブのお誘いが。メンツを見ると「おおー!」面白そう!!!

永戸さんは前回個展での平面コラージュ作品のいわば、ライブバージョン。OHP(これってふだんオフィスで使うものだけど、こういうライブで実に使えるな。たった1万円くらいだけど、手元でちょこちょこやるのが大画面に映し出されてミックスされていくのは迫力がある)をつかって、用意した写真とか文字とかプリントをざくざく手でちぎっていく。そんな様子が大画面x3に映し出され(手も当然でかく映る)。音はあのジム・オルーク!
f0013646_14402336.jpg

その後も中原昌也(作家/「暴力温泉芸者」)の絶叫ライブに鈴木ヒラク(久しぶりだー)のライブドローイング、などなど。ノイズというか文字通りのスクリーミングというか、なんて書いたらいいかわかんないけど、まさにその「わけがわかりません」気分がめちゃめちゃに快感なのだ。コントロールされているのとされていないのの間の表現。何かが壊れるような。

その後は会場に来てた掛川康典さんと彼女と僕と妻の4人でそばの中華屋「カフェ8」へ。しかし、ここほんと激安。4人で食いきれないほどのペキンダックやら、餃子も3個で100円、他、前菜系はだいたい200円!目の前がハイアットでこの値段かよー。僕らは中国にいるような、話の中での屋久島やバリにいるようなポルトガルにいるような、とろとろの気分になり、夜は更けていったのでした。

--------------------------------------------------
Hi Yoonkee!!
2006 ELIZABATH TOUR IN JAPAN
Live : YOONKEE + Keisuke Hiratsuka (Humanzee - London) + aya (OOIOO, OLAibi)、中原昌也
DJ : 天使と恍惚 (Jim O'Rourke + 五木田智央)、鈴木ヒラク + モア!
Special Guests : 永戸鉄也、岩井天志、稲葉まり + モア!
#詳細は未定ですがライブペインティングというよりも”いたずら書き”で参加します。
6月2日木曜日@ SuperDeluxe  スーパー・デラックス
106-0031東京都 港区 西麻布3.1.25 B1F
T: 03.5412.0515 | F: 03.5412.0516
19:00 >> 00:00 | 2500円 (1 ドリンク付)
[PR]
by tokyosource | 2006-06-04 14:46 | 編集長VOICE
新野圭二郎インタビュー!!
近藤です。実は今年に入って広告の方にかなり時間をとられたこともあってTSのインタビューするペースがめっきり落ちていたんだけど、そろそろエンジンがかかってきました。

f0013646_14261122.jpg


先日は小伝馬町で個展開催中の新野圭二郎(Uchida Bldg Complex)さんと飲みながら久々のTSインタビュー。銀座そばに古いビルをほぼ丸ごと借りてギャラリー/スタジオ/数名の住居にしていて、時々バーも開いている新野さん。ギャラリー横の屋上スペースが気持ちいいのでついつい
飲み過ぎる。そんなわけで僕らはそのまま飲み続け、途中から安田くん(Rープロジェクト)合流もあって終電も逃して夜中3時過ぎまでぐでんぐでん。4時頃解散、新野君のビルの特設ホスピタリティルームに泊らせてもらいました。ちなみに僕はそのまま朝7時には某テレビ局へ行き、別件でタレントさんとの打ち合わせ。ひえー!だけどインタビューはやっぱり楽しいと楽しいと再確認した夜。アップは7月。乞うご期待。これからしばらく、がんがん行きたいと思います。と自分にも言い聞かせたり。
[PR]
by tokyosource | 2006-06-04 14:22 | 編集長VOICE