TOKYO SOURCE公開編集室
by tokyosource
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
編集長VOICE
副編集長VOICE
TSインタビュー
イベント
TS出演者リリース・展覧会情報
TS定例会レポート
LOCAL SOURCE
TSツイッター
リンク
★編集長・近藤ヒデノリblog 
TRAVEL HETEROPIA
ー広告とアートの間で


「Soul Switch」インタビュー
YAMAHAのフリーペーパーでTSについて話しました。
→インタビュー全文

★フクヘン・米田智彦の東京遊動生活「都市をシェアしながら暮らしてみよう!」
NOMAD TOKYO

ブログメディア「Life hacker 日本版」にて「NOMAD TOKYO」が紹介されました。
ノマドスタイルを実践するブログ「NOMAD TOKYO」

▼米田智彦blog
It made a day.

米田が地元高円寺で主宰するトークセッション
交縁路(こうえんじ)


ライフログ
以前の記事
2013年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧
森田浩彰グループ展@水戸芸術館
TSで以前にインタビューした森田浩彰さんが、水戸芸術館で開催されるグループ展に参加します。先にAOYAMA|MEGUROで展示した「Clockwise」の他、水戸で制作した新作などを展示予定だとか。

日常の喜び:Happiness in Everyday Life

○会期:2008年10月25日(土)〜2009年1月18日(日)
○開館時間:9時30分〜18時 *入場は17時30分まで
○会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー

clockwise展示風景
f0013646_228291.jpg

------------------------------------------------------

2008年10月25日(土)〜2009年1月18日(日)
休館日:月曜日、年末年始12月27日(土)〜1月3日(土) 
*11月3日、24日、1月12日(月・祝)は開館、翌11月4日、25日
、1月13日(火)は休館

水戸芸術館現代美術センターは、この秋、「日常」というテー
マをさまざまな角度から扱った、絵画、映像、インスタレーシ
ョン、立体、写真などを紹介する、国内外14組の作家によるグ
ループ展「日常の喜び」を開催いたします。作家たちの独特の
視点が捉えた日常という概念や状況は、かっこ付きの「日常」
と言えるでしょう。

淺井裕介がマスキング・テープや土を素材に描く拡張する壁画
。ガイ・ベンナーの家族で演じる日常が舞台のウィットとユー
モアに富んだ映像。森田浩彰の水戸市内で撮り下ろした新作の
「時計」映像。大巻伸嗣の来場者の足跡で変容をつづけるイン
スタレーション。宮島達男の赤色LEDによる生命の表現。岩崎
貴宏の日用品から展開する繊細なミニチュア世界。KOSUGE1−16
のスポーツを取り入れた参加型作品。日比野克彦の楽しいグラ
フィック作品。神谷哲史の超人的な折り紙作品。梅佳代の心な
ごませる"決定的瞬間"スナップ。アトリエ・ワンの本棚と閲覧
空間が融合した《マンガ・ポッド》。西尾美也の家族の関係性
を時の推移とともに写真と服で表現した作品。藤浩志の不要な
おもちゃを素材としたインスタレーション。マルコ・ボーアの
茨城県大子町にて写真を介して生まれた新作。

本展は、これらの作品をとおして、当然となっている日常、見
慣れた生活風景を改めて見つめおなし、それぞれの今の生活を
振り返ることへと誘うことを企図しています。

出品作家:淺井裕介、アトリエ.ワン、岩崎貴宏、梅佳代、大
巻伸嗣、神谷哲史、KOSUGE1-16、西尾美也、日比野克彦、藤浩
志、ガイ・ベンナー、マルコ・ボーア、宮島達男、森田浩彰

○入場料:一般800円、前売.団体(20名以上)600円

水戸芸術館現代美術センター
310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
Tel. 029-227-8120
Fax. 029-227-8130

水戸芸術館へは東京駅からの高速バスが美術館の近くで停留(泉町1丁目)して早く便利です。http://www.ibako.co.jp/bus/hwbus/hwbus-mito01.htm
[PR]
by tokyosource | 2008-10-25 22:08 | 編集長VOICE
久々のアップ!ポール・コールマンさん
本の出版やら仕事やらで、すっかりインタビューの方がおろそかになってましたが、僕の久々のアップは、この夏、北京に会いに行ったアースウォーカーのポール・コールマンさん!なにげに、TSでは初の外国人ですね(だからどう、というわけでもないですが)。「20世紀に戦争で亡くなった1億人のために、1億本の木を植えていく」というポールさん。今回は、北京オリンピック前夜に以前インタビューした中渓さんとともに会いに行った旅のドキュメント風です。

→TS 043 ポール・コールマンさんへのインタビュー

最近、TSでは、自然に関係した人が続いてますが、たまたまです。
出版も一息ついたこれからまた、ジャンル無差別に、面白そうな人に会いに行きます!
[PR]
by tokyosource | 2008-10-25 22:01 | 編集長VOICE
高円寺文庫センターで選書しました!
f0013646_11565984.jpg


どうもフクヘン(TS)です。

僕の地元の本屋さん、
高円寺文庫センターのスタッフの方と意気投合し、

メインの棚の一部を僕が選書させてもらいました。
いわば、"TS選書”。

「これからを面白くしそうな31人に会いに行った。」
はもちろん、

後藤繁雄さんも出ている「東京の編集」や、
佐野研二郎さんの本、
本城直季さんの写真集、
華雪さんの作品集、
山下敦弘監督のコラボ本など、
関係者の著書、

をピックアップして、
今回は取り寄せ可能な本を並べていただいた形です。

自分の思考のソースがこうやって
実際の本屋さんの棚に並んで、
お客さんに手に取ってもらえる・・・
嬉しい限りですね。

高円寺にお立ち寄りの際は覗いてみてください!

f0013646_11571471.jpg

[PR]
by tokyosource | 2008-10-18 12:04 | 副編集長VOICE
栗城史多さん、インタビューアップ!
坂口です。

アルピニストの栗城史多さんへのインタビューをアップしました!

栗城さんは、7大陸最高峰制覇の目標を掲げ
現在までに6つの山を制覇、
来春にはエベレスト挑戦を控える
若きソロアルピニストです。

彼のこだわりは、単独・無酸素の登山。
7000m以上の高所にも
酸素ボンベを持たずに、
ベースキャンプから一人で頂上へアタックをかける。

その姿は、「自然との対話」を身をもって体言していると
言えるのではないでしょうか。


栗城さんは現在、ヒマラヤ山系マナスル(8163m)に挑戦中です。

登山の過程をブログや動画でも配信しているので
ぜひチェックしてみてください。
http://kurikiyama.jp/index.html

自然への見方が変わるかもしれません。
[PR]
by tokyosource | 2008-10-14 11:40 | TSインタビュー
「ソトコト」に書評が
どうもフクヘン(TS)です!

「ソトコト」最新号(2008年11月号)
の書評に「これからを面白くしそうな31人に会いに行った。」
が載ってます。



ありがたいコメントです。
f0013646_79389.jpg

[PR]
by tokyosource | 2008-10-11 07:17 | 副編集長VOICE