TOKYO SOURCE公開編集室
by tokyosource
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
編集長VOICE
副編集長VOICE
TSインタビュー
イベント
TS出演者リリース・展覧会情報
TS定例会レポート
LOCAL SOURCE
TSツイッター
リンク
★編集長・近藤ヒデノリblog 
TRAVEL HETEROPIA
ー広告とアートの間で


「Soul Switch」インタビュー
YAMAHAのフリーペーパーでTSについて話しました。
→インタビュー全文

★フクヘン・米田智彦の東京遊動生活「都市をシェアしながら暮らしてみよう!」
NOMAD TOKYO

ブログメディア「Life hacker 日本版」にて「NOMAD TOKYO」が紹介されました。
ノマドスタイルを実践するブログ「NOMAD TOKYO」

▼米田智彦blog
It made a day.

米田が地元高円寺で主宰するトークセッション
交縁路(こうえんじ)


ライフログ
以前の記事
2013年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2010年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
TS FESTIVAL「HOT JAPAN!」、ありがとうございました!
12月11日、代官山セドナで開催された、
TOKYO SOURCE Festival "HOT JAPAN!"

当日は200名近くの方々が来てくださり、
本来もてなす側の我々も心から楽しむことが出来た、
素敵なイベントとなりました!
ご来場くださった方々、本当にありがとうございました!!!

当日のレポートをTOKYO SOURCEの新人、五十嵐がさせていただきます。
23歳。普段は広告業界に片足突っ込んだ社会人をやっておりますが、
ご縁あって、このたびTSに参加させていただきました。
会場にお越しいただけなかった方に当日の雰囲気が少しでも伝われば!
お越しいただいた方も、あの興奮を今一度お楽しみいただければと思います!


また、当日はUSTREAM中継も行い、アーカイブも保存していますので、
動画でライブの様子をご覧になって下さい。
http://www.ustream.tv/channel/hotjapan


当日はイベント会場・お食事会場に別れており、イベント会場では
皆様をSPREADのデザインによるスペシャルな“のれん”がお迎えしました。
(今回ドキュメント写真を撮ってくれたのはNOJYOさん、武田陽介さん)

f0013646_21233754.jpg


そして、向かいのお食事会場では、食欲を刺激する素敵なフードたち!
フードでご協力いただいたのは、北京から帰国したばかりのアーティスト、岩間賢さんの「いわま食堂」。岩間さんの紹介で400年の歴史をもつ農家、吉田農園さん、「焼いも日和」さんも参加!

f0013646_14435782.jpg


素材がいいから、ほんとおいしい!
f0013646_22411413.jpg

そして写真家の有高唯之さん+ライターの加藤ジャンプさんらによる「日本酒Bar有高」。
HOTな熱燗はもちろん、おいしい冷や酒も。

f0013646_1444964.jpg

f0013646_14442153.jpg


みなさんOPENと同時にこちらのお食事会場で腹ごしらえし、
イベントのセクションごとに酒やら焼きいもやらを満喫してました。

新野さん(左)とアースワォーカーの中渓宏一さん。
f0013646_2141477.jpg


そして、前代未聞の足湯につかりながらのオープニングトーク、
TSの近藤、米田による「HOT JAPAN」の説明と、
アーティストの新野圭二郎さん、女性銭湯ユニットの乙女湯を迎え、
「湯道」トークでイベントはスタート。
f0013646_1353287.jpg

茶道ならぬ、「湯道」。くわしくはGQに掲載されたこの記事を

当日は、僕が足湯用の桶にけっこう高温のお湯を準備させていただきましたが、
その湯の熱さを上回るHOTなトークでイベントは始まりました。
新野さんには、会場に足湯コーナーとインストラクションを作っていただき、
足湯を通した“新しい出会いの場”もプロデュースしていただきました。

f0013646_21444849.jpg



さらに、会場内には日本茶アーティスト茂木雅世さんを招いて「お茶のもてなし」と題し、
茶々エスプレッソをはじめ、多くの来場者をあたたかいお茶でもてなしていただきました!
f0013646_1445378.jpg

僕は運営側でバタバタしてました故、残念ながらお茶はいただけませんでしたが…
先述の茶々エスプレッソ、かなり大好評だったとか。

f0013646_2242473.jpg


時刻は19時半。いよいよHOT JAPANのトークとパフォーマンスが始まりました。
一発目を飾ったのは、AR技術で世界拡張を目論むユニット、
AR三兄弟の長男・川田十夢さんによるトーク&パフォーマンス!
f0013646_14452161.jpg

Twitter、矢文、点字、モールス信号、2ch、アメブロのコメント欄と、
いろんなメディアをかなり遠回りしてきた(笑)インタビューが、
いよいよHOTJAPAN会場で完結!
f0013646_14453596.jpg

『今、ボク売れかけてまして。』など非常に“うっかり”な発言を繰り返すご長男。
ですが、やはり彼の手掛けるARはスゴイ!まさに日本発信の未来を感じるパフォーマンスでした。
HOT JAPANのための新作ARをひっさげて、会場を感嘆&爆笑で盛り上げていただきました。

次に登場したのは、アーティスト集団Chim↑Pom(チンポム)によるパフォーマンス。
毎回物議を醸す作品で沸かす彼らがHOT JAPANのために行ったパフォーマンスは、
なんと会場でこっくりさんに協力(?)いただいた「こっくりさん刺青パフォーマンス」。

f0013646_22919100.jpg

HOTなコスプレガールたちが、笑顔で刺青。
この絵図、ちょっとサディスティックすぎます。
会場には刺青を入れる“電流”の音、Chim↑Pomの絶叫が響きました・・・
f0013646_1446581.jpg

f0013646_14461746.jpg

そして完成後のメンバー、水野さんの背中・・・痛々しいです。
こんな、まさに火傷してしまうようなHOTなカルチャーを
体を張って紹介してくれたChim↑Pomに感謝です。

そんなエキサイティングかつセンセーショナルなパフォーマンスの次は、
『entropix』や『Melting Rainbows』などで注目される
写真家・小山泰介さんによる作品の2000枚の写真を約2分で見せる高速スライドショー。
f0013646_14463965.jpg

f0013646_14465813.jpg

f0013646_14485886.jpg

2000枚ですからね、これらは本当にごく一部です(笑)。本当に綺麗。

どれも僕らの住む東京の街が新陳代謝する一部を撮影したものだとか。
写真って普通はゆっくり一枚一枚見ますが、こういう一瞬一瞬の展示スタイルはとても斬新。
一瞬一瞬で終わってしまう展示スタイルだからこそ、
その瞬間に一枚一枚からすごいエネルギーを感じました。

そして、HOT JAPAN CONFERENCE「生命とクリエイティブ」と題して、
人工生命・複雑系研究者の池上高志さんと、
デザイナー李明喜さんのおふたりをお招きしたトークショーが実現!

f0013646_22143647.jpg

f0013646_1450147.jpg

f0013646_14501696.jpg


このセクションはUstreame中継でご覧になっていた方もかなり多かったようですね。
“これからのクリエイティブと生命”の関係とその可能性ということで、
それまでの会場の雰囲気とはちょっと違う、アカデミックかつ熱いお二方のトーク。
というか、今考えてもこのおふたりの対談ってかなり豪華ですよね。
日本発信の、生命をルーツとしたクリエイティブ、世界観、文化価値。
それらをひしひしと感じるセクションでした。

そして、いよいよHOT JAPAN最後のパフォーマンスは、
未来美術家・遠藤一郎さんによるライブペインティング。
f0013646_14505112.jpg

f0013646_22231559.jpg

「HOTになれば、世界を救う」「未来へ!!!」なんとも、まっすぐなメッセージで、最後に「これぞHOT JAPAN!」とも言うべき力強い日の丸を書いていただきました。観客席にAR三兄弟と会田誠さんも。
f0013646_22424041.jpg

そもそも、日の丸ってこんなにエネルギッシュなビジュアルなんですね。
やはり、COOLじゃなくて、HOT、ですよね。
f0013646_21532198.jpg


最後は岩間賢さんの電流を使ったパフォーマンス。
みんなが手をつないだ瞬間にビリビリッ!と電気が流れました。
f0013646_2224789.jpg


ということで、5時間近くにわたって行われたHOT JAPAN、
一部ではありますが、当日の様子を振り返ってみました。

COOL JAPAN、なんて言ってるけど、
HOTになれば、そこに何かを変えられる、あるいは何かを生み出すエネルギーが発生する。
COOLよりも、みんなで向かうべきものはHOT!
あらためて、そう感じたイベントでした。

TOKYO SOURCEは、来年以降も様々な形で「HOT JAPAN」を継続しながら、
未来を面白くする場を創出していきます。

f0013646_2281811.jpg


そんな私たちに共感していただける方、今後ともTOKYO SOURCEに、
次回のHOT JAPANに、ぜひご期待ください!!!
[PR]
by Tokyosource | 2010-12-17 13:45 | イベント