TOKYO SOURCE公開編集室
by tokyosource
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
編集長VOICE
副編集長VOICE
TSインタビュー
イベント
TS出演者リリース・展覧会情報
TS定例会レポート
LOCAL SOURCE
TSツイッター
リンク
★編集長・近藤ヒデノリblog 
TRAVEL HETEROPIA
ー広告とアートの間で


「Soul Switch」インタビュー
YAMAHAのフリーペーパーでTSについて話しました。
→インタビュー全文

★フクヘン・米田智彦の東京遊動生活「都市をシェアしながら暮らしてみよう!」
NOMAD TOKYO

ブログメディア「Life hacker 日本版」にて「NOMAD TOKYO」が紹介されました。
ノマドスタイルを実践するブログ「NOMAD TOKYO」

▼米田智彦blog
It made a day.

米田が地元高円寺で主宰するトークセッション
交縁路(こうえんじ)


ライフログ
以前の記事
2013年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
TS初のリアルスペース「preview room」オープン!第一弾は高木俊幸「Our Landscape」 @CreativeHub131
ども!近藤です。
2005年からWEBを中心に活動してきたTOKYO SOURCEが、
日本橋大伝馬町に初のリアルスペース「preview room」をオープンすることになりました!

f0013646_22473273.jpg


「プレビュー」をコンセプトとして、すでに完成した作品の展示というより、これから創る作品の予告編/実験場として、新たな対話を生み出していきたいと思います。

オープニング企画展は写真家、高木俊幸が三年前から
日本全国を巡って撮り続けてきた原発のある「私たちの風景」。
現在制作中のプレビュー第一弾。

f0013646_0362257.jpg


<高木俊幸「Our Landscape」>
展示期間:2011年7月16日~7月31日
ダイアローグ&スライドショー 7月18日 18時~
高木俊幸 × 徳田祐司(canaria) ×近藤ヒデノリ(TOKYO SOURCE)
入場料:1000円
場所:東京都中央区日本橋大伝馬町13-1 MAP
www.1x3x1.jp

フライヤーと「preview room」ロゴのデザインは、季刊誌『広告』でもお世話になり、独立したばかりの漆原悠一さん(tento)。すっきり気持よくて普通じゃない仕上がり。ありがとう!

三連休の最終日、熱いトークになると思います。
みなさんのおこしをお待ちしてます!
[PR]
# by tokyosource | 2011-07-13 22:51 | 編集長VOICE
新たなアート・クリエイティブの拠点「 Creative Hub 131」Open !! TSもプロデュース参加。
近藤です。昨年末よりアーティストの新野圭二郎くんの呼びかけでTSも加わって準備を進めてきた新スペースがいよいよ始まります。週末の3連休、16、17、18は全館オープンイベントで盛り沢山!

TSも2Fに初のリアルスペースを始めます。第一回企画展は写真家、高木俊幸「Our Landscapes」。3年前から日本全国を巡って撮影してきた原発のある「私たちの風景」18日18時〜ゲストに徳田祐司(canaria)さんも招いてダイアローグ&スライドショーを行います。 暑いですがみなさま是非お越しを!

f0013646_0392652.jpg


日本橋大伝馬町に、新たなアート・クリエイティブの拠点、始まる。
Creative Hub 131 2011年7月16日 Open !! 

2003年より話題を集めた、日本橋、浅草橋、馬喰町、神田地区での複合イベントCentral East Tokyo(CET)。そのCETにも馴染みの深いアーティスト新野圭二郎がエクゼクティブ・ディレクターとなり、多種多様なアプローチを持つメンバーとして、デザイナー東泉一郎、シュハリ株式会社 渡辺悟、THA FUTURE NETWORK 笠原敬太、TOKYO SOURCE 近藤ヒデノリ、Art Autonomy Network[AAN]嘉藤笑子など10組の組織がここに拠点を構えます。本施設は、地上7階・地下1階の複合ビルで「Creative Hub 131」(クリエイティブ・ハブ いちさんいち)という名称によって始まります。私たちは、人と人の繋がりを意識した実験的コミュニティーをつくりながら、地域社会と共にアート・クリエイティブの拠点となることを目指していきます。

※ Creative Hub 131の名称は、異なるジャンルのクリエーター達が集まるネットワーク拠点という意味のHub(ハブ)と、準備期間に起こった3.11を経て、日本橋大伝馬町13-1という場所から新たに始めて行く決意を込めて名付けました。1590年(天正18年)の徳川家康の江戸入城を機に始まる長い歴史と伝統のある日本橋地区の精神性を継承し、新たなる価値を創っていきたいと思います。

2011年7月吉日
アーティスト N STUDIO 主宰 
Creative Hub 131 エグゼクティブ・ディレクター
新野圭二郎

<スタジオ・オープン(施設見学会)のお知らせ>

日程:2011年7月16日(土)・17日(日)・18日(月・祝)3日間限定
11:00-21:00 ※ 最終日18日(月)は20時まで。

Creative Hub 131オープニング・パーティー(ドリンクは、キャッシュ・オン形式)
日程:2011年7月17日(日)18:00-21:00

※ネットワークサロンとして3階「社員食堂LAB」を特別OPEN!
18:00-21:00(16日・17日のみ)オリジナル果実カクテルほか

※各日、1階軒先にて野菜のマルシェと、3階「社員食堂LAB」にて様々なイベントが行われます。

※18日(月・祝)18:00-20:00には、TOKYO SOURCEによる、ダイアローグ&スライドショーイベントがあります。「Our Landscapes」高木俊幸 × 徳田裕司(canaria) ×近藤ヒデノリ(TOKYO SOURCE)
[PR]
# by tokyosource | 2011-07-12 11:43
映画『マイ・バック・ページ』スペシャル、山下敦弘×米田智彦公開トークショー
f0013646_15214990.jpg



フクヘン米田です。


6年前、TSでインタビューした映画監督・山下敦弘さんの現在公開中の最新作『マイ・バック・ページ』。妻夫木聡、松山ケンイチの豪華W主演や山下監督が今までの笑いを封印して、シリアスな長編に挑戦したこともあり、話題となっています。



今回、オファーをいただき、山下監督と6年ぶりのトークをさせてもらうことになりました。



映画『マイ・バック・ページ』を巡る制作秘話を中心に、過去作品や山下流演出術についてもとことん訊いてみたいと思っています。



今回の公開トークショーは6月27日(月)、銀座の「椿サロン」内のギャラリー「IGINITION GALLERY」で行います。


下の写真のように、ピアノが置いてある、まさに大人の社交場というようなスペースです。このサロン全体を使い、トークを行う予定です。


f0013646_15212161.jpg



以下、イベントの詳細になります。お時間ある方、ぜひいらして下さいませ!!



『マイ・バック・ページ』山下敦弘監督スペシャルトーク!


『Ginza ignition』とは、月曜日の夜に開催する、クリエイターのためのトークサロンです。

Vol.3の今回は、『マイ・バック・ページ』が大ヒット公開中の山下敦弘監督をお迎えしたスペシャルトークを開催します。

6年前。『リンダリンダリンダ』公開時に、Tokyo Sourceで山下監督へのインタビューが行われました。そのなかの印象的な一節が「成長はないんです。進歩はあるんですけど」という山下監督の言葉。
その時のインタビュアーが今回の聞き手でもある、米田智彦さんです。


その後、『松ヶ根乱射事件』『ユメ十夜』『天然コケッコー』を監督し、
今年、『マイ・バック・ページ』が公開されました。
長編としては4年ぶり、骨太の社会派物語は初めて取り組むこととなった
『マイ・バック・ページ』。


妻夫木聡と松山ケンイチという超メジャーな2人を主演に迎えた今作は、
今までの山下監督作品とは明らかに違う地点に到達していると感じます。
しかし一方で、今までの作品同様、人物の心情描写に重きをおいた、
効果的に使われる長回しは健在です。


この6年間でなにが変わりなにが変わらなかったのか。成長ではなく進歩とは?
ツイッターで『マイ・バック・ページ』への感動を呟いた米田智彦さんに、
6年ぶりに山下監督へのインタビューを行って頂きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Ginza ignition vol.3
「『マイ・バック・ページ』までの6年間。成長ではなく進歩について」
山下敦弘監督スペシャルトーク (聞き手:TOKYO SOURCE副編集長 米田智彦)
日程:2011年6月27日(月)
時間:20:00~21:30
会場:ignition gallery(椿サロン内ギャラリー)
最寄駅:JR山手線 新橋駅/東京メトロ 銀座駅
所在:東京都中央区銀座7-2-17旧不二家本社ビル
入場料:500円
定員:先着40名


料金は当日受付でお支払い頂きます。
お席に限りがございますので、ご予約をおすすめいたします。
皆様のお越しをお待ちしております!


お問い合わせ&お申込み
mail:ignition.gallery@gmail.com

件名を『山下敦弘監督スペシャルトーク申込み』とし、
お名前、ご連絡先(携帯電話の番号)、ご予約人数を明記の上、
メールをお送りください。
[PR]
# by tokyosource | 2011-06-20 15:22 | イベント
フクヘン米田が関わる震災支援プロジェクト「エールアートプロジェクト」、アプリ発売!
f0013646_13213091.jpg



ずいぶんご無沙汰です。フクヘン米田です。


僕が3.11の三日目から、有志のプログラマーやデザイナー、編集者たちと始めたアートを使って被災地にエールを贈ろうという「エールアートプロジェクト http://yellart.jp」が、今回、アンドロイドアプリをリリースすることになりました。

http://twitdelay.appspot.com/



エールアートプロジェクトに投稿された、膨大な数の作品の中から今回、30点をえらばせていただき、アンドロイドアプリ「壁紙四十八景 YELL ART チャリティー壁紙」として販売、売上の70%をThink the Earth基金に寄付させていただきます。


主旨に賛同して下さるアンドロイドユーザーの方がいらしたら、ぜひアクセスしてみて下さい。



※ 本アプリは壁紙ビューワーアプリ「壁紙四十八景」(KABEGAMI48)専用の壁紙写真セットです。壁紙に設定するためには、「壁紙四十八景」(無料)のダウンロードが必要です。他のアプリケーション上で壁紙写真(wallpaper)として使用することはできませんのでご注意ください。


■Think the Earth基金■
東日本大震災の被災地で活動するNPO/NGOを応援する基金。
YELL ARTを通して集まった基金は全額、現場で活動する各NPO/NGO団体に振り分けて寄付されます。

詳細は以下から
http://www.thinktheearth.net/jp/info/2011/03/-think-the-earth.html


f0013646_13234437.jpg


f0013646_1324599.jpg

[PR]
# by tokyosource | 2011-05-30 13:22 | 副編集長VOICE
ACT FOR JAPAN 1st action 4/1(金)チャリティーパーティー開催!
ACT FOR JAPANのアクション第一弾を4/1(金)19時〜開催します!
誰でも参加できるので、是非、身の回りの方を誘っていらしてください!

ACT FOR JAPANチャリティーパーティーf0013646_351474.jpg
お酒の製造販売会社とアート・クリエイティブ系チャリティアクション
~東日本大震災義援金としてドリンク売上金全額を寄付~

この度の大震災によって被災された皆様にお見舞いを申し上げると共に1人でも多くの方がご無事であることを、心よりお祈りいたします。

このたび、ACT FOR JAPANではCivic Artと共同でチャリティパーティーを開催いたします。 東北太平洋沖地震による被災の後、アート、デザイン、建築、ファッション等の関係者によって、様々な被災者支援プログラムが立ち上がっています。今回のチャリティパーティーではこうしたプログラムのメンバーの方に来ていただき、オープンマイクの形式で、それぞれの取組をプレゼンテーションしていただきます。

また、本チャリティーでは、MHDモエヘネシーディアジオ社にドリンクを提供いただいており、ドリンクの売上金を寄付させていただきます。お酒を取り扱う各企業としては、例えば救援物資としてはお酒が送りにくいなど動きを取りずらい状況があったりもします。そこで、こうしたチャリティのパーティーを通じて、お酒を飲んでいただくことで、「美味しいお酒を飲んで楽しくなる」ということと「被災地の方への支援」を両立し、インパクトと継続性の高い支援の在り方を提示していきたいと考えております。

また、オープンマイク以外にも、J-Waveでパーソナリティーを務められ、日本で初めてiPadを用いたDJプレーを行ったDJ TAROさんによるプレーや、パフォーマーの方によるライブなども予定しております。こんな時だからこそ、人が集まり、希望と楽しい時間を共有できるような場と時間を提供できればと願っております。

世界的なバイオリン奏者のアテフ・ハリムさんの出演も決定!
他、出演者引き続き交渉中&募集中!

【概要】
■日時:2011年4月1日(金)19時~22時30分
■料金:¥1,000(ドリンクの割り材や備品、配送費、パフォーマーの方の交通費などの必要経費等に充てさせていただきます)
■場所:MUSEUM at TAMADA PROJECTS 〒104-0052 東京都中央区月島1-14-7 旭倉庫2F(月島駅7番出口から徒歩2分)  
地図:http://www.tamada-pj.co.jp/access/access.html
■出演(現在交渉中含む):  
プレゼンテーター:
○東日本大震災復興支援チャリティーアート展   
○JAPAN ART DONATION
○SAVE THE TOHOKU PROJECT
○ACT FOR JAPAN
○東北関東大地震災害支援プロジェクト
○「GALLERY TAGBOAT  チャリティー・アート作品販売」
○ART & Public etc

【協賛メーカー】
MHDモエヘネシーディアジオ株式会社
会場は、御好意により月島駅からすぐにある、
MUSEUM at TAMADA PROJECTSをお貸しいただきました。

【ACT FOR JAPANについて】
アーティスト、クリエイターによる3.11被災地チャリティーアクション。
アートを創り出す人と、アートを楽しむ人が一つの力となり、被災地、そして、日本を元気にしていくプラットフォームになることを目指します。
HP:http://act4.jp/ (4月1日オープン予定)
Facebook:http://on.fb.me/act4jpn
Twitter:http://twitter.com/#!/act4jpn
[PR]
# by tokyosource | 2011-03-29 03:51 | 編集長VOICE