TOKYO SOURCE公開編集室
by tokyosource
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
編集長VOICE
副編集長VOICE
TSインタビュー
イベント
TS出演者リリース・展覧会情報
TS定例会レポート
LOCAL SOURCE
TSツイッター
リンク
★編集長・近藤ヒデノリblog 
TRAVEL HETEROPIA
ー広告とアートの間で


「Soul Switch」インタビュー
YAMAHAのフリーペーパーでTSについて話しました。
→インタビュー全文

★フクヘン・米田智彦の東京遊動生活「都市をシェアしながら暮らしてみよう!」
NOMAD TOKYO

ブログメディア「Life hacker 日本版」にて「NOMAD TOKYO」が紹介されました。
ノマドスタイルを実践するブログ「NOMAD TOKYO」

▼米田智彦blog
It made a day.

米田が地元高円寺で主宰するトークセッション
交縁路(こうえんじ)


ライフログ
以前の記事
2013年 09月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
switch point 企画展「双曲線」鈴木健二+土屋貴哉
TSでも以前に取り上げているアーティスト、土屋貴哉の2人展が開催中。僕もまだ行けてないのですが、明日最終日に行く予定!土屋は近年制作している、写真、立体、PC作品のシリーズから、新旧作をまじえ数点の出品を予定だそうです。

f0013646_12153228.jpg

------------------------------------------------------------
出品作家/鈴木健二、土屋貴哉
企画/本郷かおる(switch point)
会期/2010年10月28日(木)~11月7日(日)、水曜休廊
   11 : 30 - 18 : 30(最終日11 : 30 - 17 : 30)
会場/switch point
   〒185-0012 東京都国分寺市本町 4-12-4 1F   
   http://www.switch-point.com/access.html
------------------------------------------------------------

「双曲線」という展示タイトルは、鈴木健二さんと土屋貴哉さんの二人により提案されました。こんなにぴったりな展示タイトルは近年ちょっと出会えないのではないか、というほどです。
私が二人展を組むのは初めてのことです。このふたりが二人展をしたら、どんな感じだろう?という単純な気持ちが発端でした。
「双曲線」という言葉を得て、いきいきとこの企画が動き出しました。このふたりの世界の見方をかいま見るのがとても楽しみです。
その距離の差が一定であるような曲線の合間を多くの人にご高覧いただければ、とてもうれしいです。

switch point 本郷かおる
[PR]
by tokyosource | 2010-11-06 12:17 | 編集長VOICE
<< ベップ・アート・マンス2010続報! 月に一度のスライドショーin ... >>